• ホーム
  • ヘルペスの治療薬の種類や症状に合わせ適した薬を選ぶポイント

ヘルペスの治療薬の種類や症状に合わせ適した薬を選ぶポイント

2020年06月30日

ヘルペスを発症した時は医薬品を用いて症状を改善することが必要となりますが、その時には治療薬の種類や身体に起こっている症状を考慮して適切な薬を選ぶことが大切だと言えます。状況によって用いるべき薬は大きく異なるので、どのようなケースでどのような医薬品を使うべきか知っておくと良いです。ヘルペスの治療薬には主に塗り薬と内服薬、注射と点滴製剤があるので、どのケースでどの治療薬を用いるべきか理解しておきましょう。個人輸入通販サイトで医薬品を手に入れる場合は自分で選択しなければならないので、適切なものを選べるようにしておく必要があります。

一般的には塗り薬か内服薬が処方されることが多いですが、塗り薬が処方される場合はそれほど症状がひどくない場合に処方されることが多いと言えます。塗り薬はピンポイントで治療することが出来て副作用が少ないですが、他の治療方法よりは強力ではないので、感染初期に用いられることが多いです。内服薬は塗り薬で治療すると時間がかかりそうな時や複数の場所に症状があらわれている場合に処方されることが多いので、このようなケースで利用すると良いでしょう。自分で購入する場合、感染初期でそれほど症状がひどくなければ塗り薬、水ぶくれなどの痛みがひどい場合は内服薬を選択することがおすすめです。

もしも、治療が遅れてしまってひどい状態を引き起こしているのであれば注射や点滴を利用したほうが良いと言えます。この方法は即効性も期待出来るので症状がひどい時だけでなく、早く治療を終わらせたいという場合にも利用出来ることがありますが、内服薬や塗り薬と異なって個人輸入で手に入れることは出来ません。注射や点滴を選択したいと考えるのであれば、医療機関を受診して医師から適切な処置を受けるようにしてください。

ヘルペスの治療薬の種類は1つだけではないので、自分に適しているものを選択して利用することが大切だと言えます。そのためには治療薬の種類や症状に応じた選び方を知っておくことが重要なので、ヘルペスを発症してしまった時にはこれらの知識についても勉強しておくことがおすすめです。病院に行く場合はこの知識が必要ないと思うかもしれませんが、患者の希望に応じて治療薬の種類を変更してくれる病院もあるので、正しい知識を持っていれば自分が適切だと思う方法で治療を行ってもらうことが出来るので知っておいて損はないと言えるでしょう。治療薬選びのポイントを押さえておき、自分でも正しく選択することが出来るようにしておいてください。